2012年入社

Yamada
山田

実店舗/販売スタッフ

自分の意思を尊重して働かせてもらえるところが
この会社の良いところです。

自分の意思を尊重して
働かせてもらえるところが
この会社の良いところです。

店舗の状況を見ながら
行動する判断力が
求められます。

実店舗の販売スタッフとして、接客業務はもちろんキャンペーンの準備や商品管理業務も行っています。この会社の良いところは、自分の意思を尊重して働かせてもらえるところですね。上司に任せてもらった仕事を、自分なりにアレンジしています。

店舗内の販売スタッフは常時4~5人ほど。後輩を育成する立場なので、その日の出勤メンバーを見て適材適所に仕事を振り分けたり、指示をしたりするのも私の役割です。また、人材育成に関しては、スタッフの動きを見ながら気になったことはアドバイスするよう心掛けています。店舗は少人数のスタッフなので、一人ひとりの役割が大きいんです。常に周囲の流れを見て判断しながら業務をしていくことが求められます。そう言う私も、繁忙期など、余裕を持って仕事ができているかと言うとまだまだです(笑)。スタッフの一人一人の成長に合わせて、仕事を任せるタイミングなど、もっとうまく見極められるようになりたいです。

限られた時間で
お客様に満足いただける
ような接客がしたい。

販売業務は、お客様から処方箋をもらって、コンタクトレンズをお渡しするという単純な作業ですが、お客様によってはスピードを求められたり、いろいろと質問をされたりと、その方に合った対応を臨機応変にしていかなければなりません。それが大変さでありやりがいでもありますね。今は、お客様を見ただけでどのような対応がベストかをある程度は判断できるようになりました。

接客の難しさは、最初のアクションで失敗してしまうと、そのままずるずると修正できないまま終わってしまうことがあるところです。処方箋を受け取って商品をお渡しする数分の限られた時間で「対応が早かった」「丁寧だった」と、少しでもお客様に満足いただけるように対応する。その一瞬でどれだけ良い対応をするか?ということを意識しています。

女性が結婚しても
ずっと続けられる職場を
目指したい。

女性が結婚しても
ずっと続けられる
職場を目指したい。

店舗は女性スタッフが多い職場で、結婚で辞めてしまう方がほとんどなので、長く働いてくださる方がいてくれたらというのが願いです。私も、入社当初は先輩方がわからないことを教えてくれて、4年目くらいまでは頼っていたんですが、結婚などで一気に辞めてしまったタイミングがありました。突然私が先輩という立場になり、誰にも頼らずに自分で考えて行動しなければいけなくなりました。そこで「私が頑張らなきゃ」という責任感が生まれて、その経験が今に繋がっているなと感じます。現在も若いスタッフが多く、中堅女性社員がいないので、そこを改善していくのが今後の課題ですね。

理想は、結婚してもそのまま勤め続けられる職場。年齢的に「この年になったらそろそろ」といった心配をすることがなく、ずっと働いていける職場になって欲しいです。

2011年入社

福井Fukui

営業推進部/管理職

2012年入社

山田Yamada

実店舗/販売スタッフ

2014年入社

佐々木Sasaki

営業推進部/
ヘルス&ビューティー事業

2016年入社

筒井Tsutsui

経理部/事務職

2016年入社

澤木Sawaki

EC制作課/デザイナー

2005年入社

岩中Iwanaka

カスタマー/管理職